Pocket

前回、時間管理はTimetrack.io(タイムトラック)ですると良いと紹介しましたが、今回は忘れそうなことを思い出したり、繰り返しやることをあらかじめセットしておく「リマインド機能」を持ったアプリ「Due」について紹介します。

時間の管理をするためには、ある程度「いま何時か」だったり「どれくらい時間がかかったのか」だったりを知っておく必要があります。

それらを知り、リマインド(Remind: 思い出させる・気づかせるという意味)を用意しておくことで、より効率的に時間を使うことが出来ますよ。

Dueとは?


Dueは、やるべきこと・習慣付けたいことなどを思い出すために使えるリマインダー・アプリです。

他のリマインダー・アプリと決定的に違う点といえば、圧倒的に「しつこく鳴り続ける」という点でしょう。

設定したリマインドが指定の時間を超えたら、そのリマインドをチェックするまで毎分〜毎時間のペースで鳴り続けます。鳴る時間は設定できるので、「やり続けたいこと」は15分や30分ごとに鳴るように設定したり、目覚ましは1分ごとに鳴るようにしたりなどの臨機応変さもあります。

何度も何度も鳴り続けるリマインダー・アプリが「Due」です。


リマインドを正しく使うためには

これはあくまでも一例に過ぎませんが、私の設定を見てみましょう。

due-1

私はほとんどのリマインドを「◯時のお知らせ」としています。こうすることで、今何時なのかを、時計を見ることなく音で確認できるようになります。

また、昼の休憩時間や夜寝る時間などもリマインドに設定しています。日常的に大切な項目は、毎日鳴るように設定しておくと、生活のリズムを作りやすくなるのでおすすめです。

外出時に忘れたくない用事は、大体のタイミングを見て鳴るようにリマインドを設定しています。リマインダー・アプリを正しく使うコツは、とにかく「忘れたくないこと・習慣付けたいことの2つを設定しておくこと」に尽きますね。

「繰り返し」機能の使い方

Dueで繰り返し鳴るリマインドを一つ作ってみましょう。

due-2

due-1

まずは「すべてのリマインダー」をタップして、この画面にします。右上の「+」をタップすると、

due-3

このような画面に。左から順にそれぞれ設定していきましょう。一番左の「☓」は削除、一番右の「OK」が完了のマークなので、左から2番目のアイコンから、右へと順番に設定していきます。

due-4

左から2番目は「スヌーズ機能」です。スヌーズとは「居眠り」という意味ですが、リマインダー・アプリで言うと繰り返し機能ですね。「居眠り防止」と捉えましょう。

ここで、毎分〜毎時間の間で繰り返しリマインド表示されるように設定できます。ここでは毎分にしておきましょう。

due-5

ちょうど真ん中に位置するアイコンをタップすると、「リピート設定」が出来ます。

365日毎日鳴らすのか・平日5日のみをならすのか・日曜日だけ鳴らすのか・毎月任意の日程に鳴らすのか・毎年任意の日に鳴らすのか、などが選べます。

「カスタム」をタップすると、より細かく日程の調整ができるので、作り込めばかなり便利な機能ですよ。ここでは毎日リピートとしておきましょうか。

due-6

最後は、「通知音の設定」ですね。私は目覚まし音・◯時のお知らせ・その他の音と、項目によってそれぞれ異なる通知音に設定しています。そうすることで、音を聞くだけで何のリマインドが鳴っているのかが分かりやすくなります。ここでは、「トライトーン」という音に設定しました。

それぞれ終わったら、最後はタイトルと時間の設定をしましょう。

due-7

こんな感じですね。あとは「OK」をタップすれば、

due-7.5

「14時にお知らせ」のリマインドの完成です。これでこのリマインドを消さないかぎり、半永久的に14時になったらDueがお知らせしてくれるようになりました。

繰り返さないならリピートをオフにすれば良いし、何度も鳴らさなくて良いならスヌーズをオフにしましょう。一度きりのリマインドで良い、という項目にも対応しているということですね。

タイマーも用意しておくと便利

due-8

タイマーもかなり便利ですよ。メニューから「全てのタイマー」をタップしましょう。

due-9

するとこんな画面に。これは既に設定しているものですが、自分が設定したいタイマーをそれぞれの時間用意することができます

右にスワイプして削除しない限りは何度でも残り続けるので、いつまでも利用し続けることができます。3分タイマー・5分タイマーはインスタント料理を用意するのに便利ですよ。

常にタイマーをセットしておく仕事術

この記事を書いているときもそうなのですが、私は仕事中、8分タイマーをかけ続けています。

そうすることで、「急ごう」という気持ちをキープし続ける事ができます。8分にした理由は単純で、7分だと短く9分だと長く感じたからです。

実際、タイマーを設置してからは、文章を書くのがかなり早くなりました。タイム・トライアル的な感じで、時間との勝負を何となく意識してしまうのでしょうね。

最初はあまり恩恵を感じないかもしれませんが、何度もタイマーが鳴ってくると、身体が自然と8分のタイミングに合わせた動きをしてくるようになりますよ。ちょうど3分間リングで戦い続けるボクサーと同じような感覚です。

まとめ

時間をリマインドすることで、忘れることがなくなります。習慣付けたいことを守れるようになります。

タイマーをセットし続けることで、集中力を保ったまま仕事ができます。無駄に休憩時間が長くなることを防げます。

Dueなら、たった一つのアプリで時間をコントロール出来るようになります。あなたの必要なタイミングでリマインドすることができます。

Timetrack(タイムトラック)との併用で、徹底的に時間を管理して、効率的に毎日を過ごしていきましょう。

Timetrack.io - Personal Time Tracker

(2016.08.28時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク
Pocket