Pocket

いつポケモンGOが日本でリリースされるのかが気になりすぎる人が多すぎて、ポケモンGOのクリエイターの一人である増田順一氏のブログが炎上しているようですね。

7月中にはリリースかな?と私も思っていたのですが、それも現実的ではなさそうな感じになってきているので、個人的にはリリース日に関してはもう一旦忘れて、ひたすら情報をまとめていこうと思います。

今回の記事では、ポケモンGOの育成方法・進化や強化(レベルアップ)のためにやることについて紹介していきます。意外と無課金でもしっかりと楽しめそうですよ!

よく読まれている記事

ポケモンGOの育成は、従来のポケモンとは大きく異なる

pokemon-go-raise-tips

Photo credit: shikiro famu via VisualHunt.com / CC BY

ポケモンGOの育成は、これまでのポケモンとは大きく異なります。これまでのポケモンでは、捕まえた自分のモンスターを野生のモンスターや他のポケモントレーナーの持つモンスターと戦わせることによって経験値を得ていました。

戦うことで強くなっていくという一般的なRPG形式だったのですが、ポケモンGOでは歩いた歩数の分(時速10km未満で移動が条件)だけ経験値が蓄積されていきます。タマゴの孵化も歩くことが条件となりますので、ひたすら歩いていくことが重要になってきます。

また、位置情報を利用してのゲームになるため、あまり狭い場所での移動はGPSに認識されないので、家で歩き続けるのは意味が無いのかもしれません。この辺りは体感が大事だと思うので、実際に入手してから検討していきたいところですね。

また、これよりいくつかのポケモン用語が出てきます。ポケモン用語がまだ良くわからない!という方は、ポケモンGOが近日日本に上陸!?リリース前に詳細や注意点などをしっかり予習しておきましょうから見るとより分かりやすいですよ!

ポケモンを捕まえたら「アメ」が手に入る

「アメ」と「ほしのすな」という2つのアイテムが、ポケモンを強くする鍵を握ります。アメは進化・強化の両方に効果があり、ほしのすなは強化のために使用することが出来ます。

また、アメは対象のポケモン(ヒトカゲのアメだったらヒトカゲのみ使用可能)のみに使用でき、ほしのすなはどのポケモンにも使用することができます。

どちらもポケモンを捕まえることで入手可能で、それ以外に「持ちきれない・持っている必要のないポケモンを博士に送ること」でアメを入手することが可能です。

タマゴを孵化させることでもアメ・ほしのすなをゲットできます。アメとほしのすなは、ポケモンを強くするために絶対必要なアイテムなので、モンスターボールとアメ・ほしのすなの3つは常に切らさないように意識して遊ぶようにすると、効率良くゲームを楽しむことができるでしょう。

ひたすら歩いてアイテムを手に入れよう

walk

歩けば経験値が貯まり、ポケモンたちが強くなっていくのですが、それと同時に歩けばアイテムを拾い集めていくことが出来ます

正確に言うと、ポケストップに立ち寄ることで、アイテムを集めていくことが出来ます。手持ちの道具が一杯だと新たに道具を入手することが出来ません。手持ちの道具の総数を増やすためには、「拡張」をするためにポケコインで拡張分を購入しなくてはいけません。

ポケストップは5分ごとにアイテムを再入手でき、トレーナーレベルに応じて貰えるアイテムの豪華さがアップしていきます。

はじめは道具集めが主になってくると予想され、都心ほどポケストップの絶対数が多くなることので、ポケモンGOがリリースされたら、福岡市民は天神〜博多辺りを歩きまわると良いでしょう。

天神駅〜博多駅間の移動手段を詳しく解説してある記事を用意してありますので、道が分からない方はぜひチェックしておきましょう!

ポケモンGOでも進化はある!

先ほどポケモンを「強化」するという言葉が出ましたが、これはいわゆるレベル上げのことですね。強化していくことで、ポケモンのCP値やHPが上昇していきます。

アメは進化に関わるアイテムなので、出来る限りはほしのすなでレベルアップを図っていくのが良いでしょう。従来のポケモンでもそうでしたが、ポケモンで重要なのは「個体値」と「技構成」です。

特に進化後は「技」の構成に悩むことが重要になるので、アメを使うタイミングはなるべく確認しつつ進めていくことをおすすめします。

ポケモンの強さはCP値で測る

ポケモンGOでは、ポケモンの能力がすべて「CP値」という一つの数値で決められます

今までのポケモンは「こうげき」「すばやさ」「とくこう」など、合計5つの能力値(HPは別であります)がありましたが、ポケモンGOではそれらがCP値という一つの能力値にまとめられたような状態になっています。CP値が高ければ高いほど、総合的に高い数値になっている、ということですね。

同じポケモンでもCP値は異なり、CP値はレベル上げやアイテムでの強化によって上がっていきます。また、トレーナーのレベルによってCP値の上限が決まっています。

特定のポケモンを強くしていくためには、アメやほしのすなでポケモンを強化しつつ、トレーナーレベルを歩いたり相手チームのジムに挑戦したりポケモンを捕まえたりなどして上げていく必要があります。

トレーナーレベルを上げておけば、よりCP値の高いポケモンを野生で見つけることが出来たりレベルアップボーナスが貰えたりなどの特典がありますので、ポケモンもトレーナーも、レベルは積極的に上げていきましょう。

進化が先?強化が先?

choice

多くのサイトで言われていることですが、進化と強化だったら進化を優先させて育成していきましょう。

理由としては、進化させると覚える技が変化するからです。ポケモンバトルで重要なのは「CP値」と「技構成」なのは、上述した通りです。特に技は、タイプ一致の属性では1.5倍の威力になったり相手の弱点を上手く突く構成が作れていると、非常に有利に戦いやすくなります。

強化していくことも大切ですが、進化を前提としておきながら進めていくように考えていきましょう。

無課金でも楽しめる?

私もやるなら無課金かなーと考えているのですが、果たして「それで楽しめるのか?」というのが大きな疑問の一つですよね。アイテム購入や手持ちバッグの拡張など、課金対象が多すぎるのではないかと不安な部分もありましたが、結論としては「楽しめる」で間違いないでしょう。

例えばタマゴを孵化させるためのアイテム孵卵器は上述したポケストップに立ち寄ることで入手できますし(運に左右されますが)、経験値自体は売られていないようなので、しっかりと歩いた人が強くなっていく仕組みになっています(中には楽をして歩数距離を稼ぐ人もいますが)。

また、アイテムに課金するよりも、ポケットWiFiを導入したほうがメリットは大きいのかな、とも感じています。お得にポケットWiFiを使ってポケモンGOを楽しむためにも、「ポケモンGOにはどれだけの通信量がかかる?制限なしに遊ぶためには?都心部でWifiを使うための方法を紹介!をチェックしましょう!

まとめ

今回は育成方法や進化・強化について詳しく見ていきました。何となくポケモンGOでは普段どのようにプレイして、どんなシチュエーションで課金が必要なのかがわかってきたのではないかと思います。

また、無課金で楽しんでいくだけの方法は十分にある(点在するポケストップで無料でアイテム入手可能)ため、無課金の方でもかなり楽しむことができるでしょう。

ただ、位置情報を利用したゲームになっているので、事前にモバイルバッテリーは確実に持っていた方が良いでしょう。Google mapsで地図を開いたらわかることですが、GPSを利用したアプリというのはバッテリーの消費が半端じゃありません。個人的にはcheeroのモバイルバッテリーがおすすめなので、持っていない方は、ポケモンGOのリリース前に購入しておきましょう。

↓次のページ↓

ポケモンGOが近日日本に上陸!?リリース前に詳細や注意点などをしっかり予習しておきましょう

スポンサーリンク
Pocket