Pocket

アメリカを中心に、海外でゲームアプリ「ポケモンGO」が社会現象となっています。日本でも近日中に公開される噂ですが、2016年7月16日現在、未だダウンロードは出来ない状態となっています。

今回の記事では、ポケモンGOが開始する前に「そもそもポケモンGOとは何か」「ポケモンGOを始める上での注意点」などについて見ていきましょう。

ポケモンGOが始まったら、FRISCOPARK(フリスコ・パーク)でも福岡に絞ってポケモン情報を収集していこうと思います!

よく読まれている記事

ポケモンGOとは?

pokemon-go

ポケモンはポケットモンスターのことですね。私も子どもの頃には相当にハマっていたことをよく覚えています。ポケモンGOは、スマホの位置情報を使ってポケモンを捕まえていくゲームです。

もっと簡単に言うと、自分の足で歩いて、実際にポケモンを探しに行くというゲームアプリです。どこにどんなモンスターがいるのかはまだ分かりませんが、例えば大濠公園内に虫系のポケモンやピカチュウなどのポケモンがいたりヤフオクドーム周辺にまた別のポケモンがいたりなど、現実世界とゲーム世界がリンクしたゲームになっているんですね。「実際にポケモンがいたら…。」昔何となく想像したことがある人もいるのではないでしょうか。それが本当に実現したと考えると、本当に未来的なゲームですよね。


『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。
このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。
元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。
『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。
『Pokémon GO』は、AndroidとiOSにて、2016年サービス開始予定です。
基本プレイは無料、アイテム課金有りのサービスを予定しております。
ポケモンGO公式サイトより引用


どうですかこの動画。夢の様な世界が、一部海外ではもう現実のものになっているんですね。

現時点ではポケットモンスターの赤・緑シリーズで登場した150匹のポケモンがポケモンGOで使用されているようです。今後まだまだ増えるんでしょうね…。

また、集めるだけでなく、対戦もできるようです。ポケモンGOユーザーは、赤・青・黄のいずれかのチームに所属することになります。この色分けは、初期のポケモンのナンバリングタイトルに寄せた感じでしょうか、緑がないのが残念ですが…。

色分けされているのには理由があって、それぞれの色チームごとに「ジム」が設けられていて、お互いのチームは敵チームのジム(陣地)を攻略して奪い合います。位置情報を利用した陣取りゲームといえば、Niantic.inc(ナイアンティック・インク)のIngress(イングレス)が有名ですね。

実は、ポケモンGOはNiantic.inc(ナイアンティック・インク)社が手掛けるプロジェクトなんですね。更にポケモンの世界観を表現し切るために、株式会社ゲームフリーク(ポケモンシリーズの開発元)の取締役・開発部長である増田順一氏も参画し、任天堂株式会社がポケモンGO Plusの開発・製造協力として参画しています。

ポケモン×現実世界が実現したのは、これら3社が競合してプロジェクトを推し進めていったからなんですね。

ポケモンGOの海外での反響

海外の有名なゲームYoutuberの方も、早速ポケモンGOをやっています。英語での実況プレイですが、画面を見れば何となく言っていることも理解できるのではないでしょうか。

Twitterでも話題になっています。ちょっと集めてみました。

弁当ケースの中にコイキングがw スーパーの鶏肉コーナーにはポッポもいるらしく、食に対する有り難みが増しそう。

サンドやワンリキーなど、初期作からのキャラクターが多数!見知らぬ人との会話の取っ掛かりとしてもこれは良さそうですね。かわいい…。

ポケモンGOを利用して、上手に商売に活用する企業も。外出する頻度も増え、お店もセールをする機会が増えるし、経済効果も高そうです。

ポケモンGO用語集

ポケモンGOでは新たに用語が沢山増えました。全く分からない人も多いでしょうし(私も今回を機にガッツリ調べました)、ここで一気に用語を予習しておきましょう!

ポケストップ

ポケストップは、ポケモンを捕まえるためのモンスターボールや道具、経験値などが入手出来たり、ポケモンが生まれるタマゴなどをゲット出来る場所です。

基本的にポケストップは、観光名所やレストランなどの人が集まりやすい場所に設置されているようです。

モンスターボール

ご存知モンスターボール。ポケモンGOでも様々な種類のボールがあるようで、捕獲率も変化するので気を付けておきましょう。ポケモンGOは基本無料ですが、こういったアイテムの購入に課金が採用されています。

タマゴ

poke-walk

主にポケストップで入手出来ます。このタマゴからすべてのポケモンが生まれるようです。指定された距離を移動することで孵化するのですが、その歩く作業を代行するという企業が海外であるようです。何でも仕事になりますね…。

ポケコイン

ポケモンGO世界での通貨です。ということで、この通貨を課金で入手して、ポケモンGOに必要なアイテムを購入するということになります。モンスターボール1つにも金銭が発生することになるでしょうし、やはりポケモンGOは20〜30代をターゲットにしたゲームと言えるでしょう。

ジム

ポケモンのジムといえば、バッジを賭けたリーダーとの戦いの場ですが、ポケモンGOではポケモンの育成の場として提供されます。

また、バトルをする場でもあり、上述した赤・青・黄の3チームがそれぞれこのジム(陣地)を奪い合います。まだどこにも取られていないジムは無所属のジムとなっています。あなた自身が加入する色のチームのジムを増やしていき、陣地を増やしていきましょう!

ルアーモジュール(ルアーパッチとも)

ポケモンを30分間引き寄せるアイテムです。使う分だけポケモンが集まりやすくなるので、一度に複数使用も可能のようですね。利用できるのはポケストップがある地点のみ海外では飲食店が集客の手段としてこれを活用している店舗もあるようです。

また、既にスポンサーが付いているようで、今後はマクドナルドもポケストップの対象となり、各店舗が定期的にルアーモジュールを活用していくのではないでしょうか。

おこう

こちらもポケモンを引き寄せるアイテムです。こちらは場所の制限なく利用できる、個人用のルアーモジュールといったところでしょうか。しかし、他の人も”おこう”を利用しているのがわかるため、出来れば仲間や同じ色のチームの人が多い時に利用すると良さそうです。

メダル

歩いた距離や捕まえたポケモンの数、孵化させたタマゴの数などに応じてメダルがもらえます。このメダルはやりこみ要素の一つで、トレーナー(あなた自身)のポケモンマスターとしてのレベルに直結します。

メダルの数によって上限が開放されていくものと考えられているので、取得しておいて損のないものですね。一応ですが、ポケコインとは別物です。

ポケデックス(POKEDEX)

ポケモン図鑑のことですね。捕まえたポケモン・進化させたポケモンはこのポケデックスにデータとして集められるため、ポケモンを探すのが楽しくなりそうです。すべて集めたら、本当にポケモンマスターになれるんですね…。近い将来、職業「ポケモンマスター」なんていう人が現れるのかもしれません。

社会現象・問題点について

ポケモンGOは、社会問題にもなっています。ちょっと見ていきましょう。

「Pokemon GO」のユーザー、ポケモンではなく死体を見つける

160712pokemon_go_dead_body
IMAGE: GIZMODO | 「Pokemon GO」のユーザー、ポケモンではなく死体を見つける

ポケモンGOといえばこれ、くらいポケモンGO界隈で話題になっていますね。立ち入り禁止区域に入ってポケモンを探していたら、いつかこんな事件に遭遇することになるかもしれません…。

もちろん、立ち入り禁止区域には入らないようにしましょう。

アメリカで「Pokemon GO」強盗が発生中

これは日本でも十分に有り得る事件です。ポケストップでルアーモジュールやおこうを使用し、集まってきた人たちを脅して金銭を奪うという事件ですね。

世の中には悪い人が必ずいるものです。ゲームを楽しむのも良いですが、現実世界とのクロスオーバーをしたポケモンGOでは警戒心を持ってゲームを楽しむようにしましょう。

刺されてもPokemon GOをやめなかったアメリカの強者

ポケモンバトルならぬ、リアルファイト。海外は破天荒なイメージがありますが、日本にもその恐怖はないわけではありません。遊ぶときは細心の注意を払って楽しみましょう。

ポケモンGOが、夫と娘の距離を一気に近づけてくれました

pokemon-go-my-husband-and-daughter-closer-together
IMAGE: HUFFPOST LIFESTYLE JAPAN | ポケモンGOが、夫と娘の距離を一気に近づけてくれました

悪いニュースだけでなく、こんな話題も。家族間のコミュニケーションが自然に図られるほっこりエピソード

「ポケモンGO」が米国で小規模ローカルビジネスの売り上げを爆発的に伸ばす。その方法を紹介します

160714pokemongo_local_business-thumb-640x360-97898
IMAGE: Lifehacker | 「ポケモンGO」が米国で小規模ローカルビジネスの売り上げを爆発的に伸ばす。その方法を紹介します

ローカルビジネスに関する情報も。ポケモンGOが福岡でも流行れば、様々なビジネスモデルが誕生していきそうですね。

「うつが軽くなった」の証言多数!ポケモンGOの意外な効果が話題に

外出の頻度が増えて、うつ病に効果的だというポジティブなニュース。アメリカではオバマ大統領が8年費やしても成し得なかった肥満問題をポケモンGOは24時間で成し遂げたというジョークもあるくらい、実際に外出する人が増えたようです、スゴい。

ポケモンGOを始めるにあたっての注意点

最後に、ポケモンGOを始めるにあたってのいくつかの注意点を見ていきましょう。

特定されない名前を付けよう

特に幼い子なんかには親の方から伝えて欲しいのですが、ポケモンGOアプリ内で名乗る名前は本名・SNSアカウント名とは異なる名前をつけるようにしてください。

本名でやっていると行動パターンを他人に読まれ、自宅や勤務先がバレてしまうこともあります。SNSも同様で、インターネットからの情報によって身バレする恐れがあります。ポケモンGOを始める際は、本名とSNSアカウント名とは違う名前を付けましょう。これは絶対です。

歩きスマホには気を付けよう

1-young-woman-text-messaging-on-street

ただでさえ今現在時点で歩きスマホは多く、問題の一つになっているのですが、ポケモンGOがリリースされたら歩きスマホをする人が激増する恐れがあります。

夢中になって線路に突っ込んだりエスカレーターで足を踏み外したりなど、日常生活に危険はいくらでもあります。そうでなくても、普通に誰かとぶつかってトラブルに発展しかねません。

自分だけでなく、他人に配慮してゲームを楽しみましょう。ポケモンGOは、あなた一人が楽しい、というゲームではありません。

陣取りゲームなので、追い掛け回される危険性も

lqCNpAk3SCm0bdyd5aA0_IMG_4060_1 copy

ポケモンGOは、イングレスと同じで基本的には陣取りゲームです。イングレスでも問題になりましたが、敵の陣地を奪いに行った矢先に取り返され、再び奪ったのにまた取られ…という状況になったら、誰かがあなたの後を付け回している可能性が高いです。

海外でも、夜になってもポケモンGOを楽しんでいる人が多くいるようなので、こういった問題は既に起きているでしょう。夜に外出するときは、複数で出たり明るい道を選択したりしましょう。もちろん、夜は外出しないのが一番ですが。

まとめ

以上、ポケモンGOについて紹介していきました。ポケモンを集めて交換してバトルして…と、まさに現実世界にポケモンがやってきたかのようなゲーム「ポケモンGO」日本のリリースは近日中らしいので、楽しみに待つことにしましょう!

冒頭でも伝えましたが、FRISCOPARK(フリスコ・パーク)は今後ポケモンGOの情報を追っていこうと思います!福岡市内に現れるポケモンの情報やポケストップの場所のまとめなど、福岡市内の方限定で楽しめるようなコンテンツを作っていこうと思います。もちろん、観光で来る方のためにも!

↓次のページ↓

ポケモンGOにはどれだけの通信量がかかる?制限なしに遊ぶためには?都心部でWifiを使うための方法を紹介!

スポンサーリンク
Pocket