Pocket

福岡には、沢山の”食”があります。
とんこつラーメンだったり玄界灘の鮮魚だったり、どれも本当に美味しいです。

そして、実はカレーの名店も多いことでも有名なのです。
門司まで行くと、焼きカレーという名物もあるくらいですからね。

福岡市内で、美味しいカレー屋さんをご存知でしょうか?
都心から少し離れたお店となると、意外と知らない人も多いかもしれませんね。

今回は、福岡市は城南区にあるカレー屋さん「オカノカリー」に行ってきた感想や、客層や立地などの客観的な情報を詰め込めるだけ詰め込んでみました。

オカノカリーへのアクセス方法

まずは、立地からです。

「オカノカリー」は、福岡市城南区にあります。
地下鉄で言うと、七隈線の「金山駅」と「七隈駅」の、ちょうど間辺りに店舗を構えています。

天神から行くと考えると、天神南駅から金山駅まで乗り、地上に上がります。
「にしてつストア」が反対車線側にあったら左へ(そうでなければ反対へ)歩いていきましょう。

進んでいくと、金山団地や西日本シティ銀行などが見えてきます。
更に進んでいくと、反対車線にうどんのウエストが見えてきます。
ちょうどその反対に、「オカノカリー」があります。

看板は「Spice & Coffee OKANO CURRY」と表記されています。駐車場は一台のみなので、車で来るのはちょっと運がいります。

「半日分野菜とスパイシーチキンカレー」を注文しました。

okano-curry-hannichi

私は「半日分野菜とスパイシーチキンカレー」を注文しました。
何となく、これが定番っぽいなという理由で選んだのですが、予想通り店の人気メニューの一つでした。

見た目もゴージャスで、カレーのスパイスも程良く、トマトの酸味とマッチして美味しいです。
米もしっかり固めのもので、スープ系のカレーと合いますね。

辛さについて

辛さは1〜5辛まで選べます。
おおよその基準としては、1・2辛は甘口、3・4辛は中辛、5辛は辛口といった感じでしょうか。

私は辛いのが得意ではないので、1辛にしておきました。苦手な人は、いって2辛が限度だと感じます。
1辛は、個人的にはとてもちょうど良かったです。

人気メニューランキング

ふと「どのメニューが一番人気なんだろう?」と思い、TwitterやInstagramなどのSNSで上がっている写真を50枚分チェックして、ランキングにしてみました。
時によって変動するでしょうけど、一つの目安としてどうぞ。

1位 スパイシーラム肉のキーマカレー 23票

okano-curry-lamb

断トツで人気だったのが、「スパイシーラム肉のキーマカレー」でした。

写真は、「ひよこ豆のスパイシーラム肉のキーマカレー、半熟卵のトッピング付き」ですが、ほぼ一緒ですね。
トッピングにパクチーを乗せたものが多く見られました。

2位 半日分野菜とスパイシーチキンカレー 14票

2位は、私も注文した「半日分野菜とスパイシーチキンカレー」でした。

見た目もお洒落ですし、ヘルシーな内容なので、女性層から人気の商品なのではないでしょうか。
「半日分」と聞かれると、ちょっと疑問を持ってしまう量ではありますが、美味しいことには変わりありません。

3位 たっぷりキャベツとレンコンのメンチカツカレー 13票

okano-curry-menchi

3位は、「たっぷりキャベツとレンコンのメンチカツカレー」。

メンチカツということで、ボリューム的にも男性向けのようなイメージに感じるかもしれませんが、意外や意外でこちらも人気。
シンプルながら、深みのあるカレーソースが食欲をそそります。

どのカレーも、それぞれ異なるスパイスを使っているのが目に見えてわかるのは、さすがカレー専門店!という感じですよね。

ちなみに、他には「焼きカレー」や「とろとろタマゴ乗せスパイシーチキンカレー」、「ナスとチキンのスパイシーカレー」などが人気でした。

デザートの黒蜜きな粉プリンは最高

okano-curry-pudding

ランチでは、カレーと合わせて「アフターコーヒーと黒蜜きな粉プリンのセット」を注文すると、合計1,000円になり、お得です。

デザートの黒蜜きな粉プリンは、お店の看板メニューの一つとしても有名です。

カレーを食べた後は、口の中が辛くなるので、デザートは必須ですよね。
とにかく美味しいので、ランチどきにはセットで注文することをおすすめしますよ!

周りのお店との比較・客層など

オカノカリーの周辺は、ラーメン一代やお好み焼きのひらのなどの、美味しいお店はそこそこあります。

ですが、周辺の飲食店の基本的なターゲットとしては、大学生を主としています。
七隈駅付近には、福岡大学に通う学生が多いですからね。

それに比べて、オカノカリーには、城南区の主婦層の方がよく通っている印象があります。
学生にしても、ちょっとお洒落な人が多いかな、という感じ。

値段も、学生街付近の店舗と考えたら多少割高なので、向いている方向が明らかに違うのが分かります。

一人客で行くのが基本な私としては、少し入りづらいですが、入ってみれば雰囲気は良いです。
料理の待ち時間に暇を潰せるように、小説などを持って行っておくと良いかと。

家でカレーを美味しく作る方法

カレーといえば、家で作るカレーも美味しいですよね。
お店とはまた違った良さがあるのがおうちカレーっていうものです。

せっかくなので、ちょっとしたモノで美味しさがグンと上がるアイテムを紹介しておきます。

チャツネは定番ですね。
これはマンゴーのチャツネなのですが、個人的には普通のフルーツチャツネよりも、こちらの方がおすすめです。

煮込み料理の香り付けには、ローリエが必須です。

こちらはトルコ産の香りの強いもので、スパイスとしても魅力ですよ。
また、入れる前に2箇所くらい折り目を付けておくと、香りが強調されます。

バターは、野菜を炒めるときに半量、カレーが完成というタイミングで火を止めたときにもう半量の計2回に分けて入れています。

量としては、4人分の量で、25〜35g程度で入れています。

オカノカリーの営業時間や定休日などの詳細

真夏に食べるカレーも良いですが、これから段々と寒くなってくる時期に、身体が暖まるスパイスの効いたカレーを食べるのも良いですよね!

オカノカリーは、お洒落で美味しい、素敵なカレー屋さんでした。

okano-curry-menu

  • 店名: オカノカリー
  • 電話番号: 092-776-3133
  • 住所: 福岡県福岡市城南区松山2-5-5 志のぶビル1F
  • 営業時間: 11:30~15:00(L.O.14:15) 18:00~22:00(L.O.21:00)
  • 定休日: 日曜日・水曜日(不定休日あり)
  • サイト: オカノカリー
スポンサーリンク
Pocket