Pocket

今回の記事は4DX形式(音のみなので全然違う)です。まずは以下のYoutubeでBGMを再生してください。(スマホだと音楽再生とサイト閲覧を同時には出来ないので、スルーして下さい)

大濠公園には日本庭園があるのをご存知ですか?入場料はたったの240円(一般)で自然をほとんど独り占め出来る最高の空間に行ってきて写真を撮ってきました。

私も初めて行ったのですが、これはハマりますよ!

大濠公園日本庭園の歴史

ohori-park-nihon-teien-information

この庭園は、大濠公園開設50年を記念して、我が国の伝統的造園技術の粋を集めた格調高い純日本庭園として、築造したものです。
面積は、1.2ヘクタール(約3600坪)で、庭園には、既存の松、クヌギなどの大木を残しており、新植した名松とともに、自然の興趣を盛りあげています。
また、庭園内からは、築地塀ごしに大濠公園を、借景としてとり入れています。
庭は築山林泉迴遊式(つきやまりんせんかいゆうしき)の主庭、茶席周辺の露地庭、枯山水庭(かれさんすいてい)からなっています。
主庭は、大池の3つの滝口布滝、渓流の滝、三段落ちの滝、州浜を設け、二筋の流れが小池へそそぎ深山幽谷(しんざんゆうこく)の景を造っています。茶会館前の露地、侘びの中に明るい雰囲気を持ち、茶席露地は、和敬清寂(わけいせいじゃく)の精神をもとに、侘び本位のたたずまいとなっています。また、枯山水は、静寂で明るく伸びやかな空間を形成しています。
庭園内には、数寄屋造りの茶室、茶会感、立札席を儲け、茶会、その他の文化活動の場として利用できます。
また、四季折々には、サツキ、ツツジ、モクレン、キンモクセイ、モミジなど彩りを添えて、その季節の美しさを織り成しています。
福岡県

ちょっと長いですが、このように書かれていますね。これ書くだけでスゴい疲れた…。

大濠公園の日本庭園が築造されたのは1984年(昭和59年)のことなので、2016年現在では、大濠公園自体の歴史が82年にもなるんですね。ちなみに、日本庭園は築32年となります。

読めば何となく大濠日本庭園の造りが何となく想像出来ますが、私は実際に見たからこそいえるのでしょうね。

早速、庭園を写真で見ていきましょう。

築山林泉迴遊式の主庭

実際に合っているかどうかは定かではありませんが、ほぼ間違いないでしょう。間違えてたら誰か指摘してください。

ohori-park-nihon-teien-shutei

「一般240円だし、そんなに規模は大きくないだろうな」と思いながら入ったらこれですよ。めちゃくちゃ大きいです。

手入れしている庭師の方もいたし、かなり整ってらっしゃる。さすが日本庭園。うちの庭とはワケが違います。

ohori-park-nihon-teien-river

これです。ここから4DX感が強まってきますよ!「自然の中、水の音を聴く」…なんてことないことですが、意識して楽しむと、これほど心安らぐことってないんじゃないかな…。

ohori-park-nihon-teien-rest-space

端っこに座るスペースがありました。ここに入ったのが16時前後だったんですが、他には誰もいなかったので、貸切状態でかなり贅沢な気分でした。昔の大名だった人とか、こんな時間を持っていたんだろうなぁ…。

ohori-park-nihon-teien-river2

ohori-park-nihon-teien-river3

川!河!カワ!!

石造りの階段も含め、趣きがあって良いですね…。

ohori-park-nihon-teien-river4

こんな世界が大濠公園内にあるんですよ…?10年以上福岡に住んできましたが、誰もこのことを教えてくれませんでした。ヒドい!

「主庭」というだけあり、ここの広さ・素晴らしさは格別でした。ここだけ3周しましたからね、楽しすぎて。

茶席周辺の露地庭

露地庭は「路地庭」ということかな?歩きながら楽しむのに最適なお庭です。

ohori-park-nihon-teien-entrance

「回遊路」と書かれた看板を辿って行くと主庭に着きますが、それを無視してうろつきましょう。

ohori-park-nihon-teien-entrance2

ohori-park-nihon-teien-stone-and-stream

橋の上で撮りました。石によって変わっていく川の流れを延々と見るだけでも、相当楽しいです。というか、リラックスできます。

ohori-park-nihon-teien-stone-and-stream2

丁寧に手入れされた木々を見るのも良いですが、ゴツゴツした石、なめらかな水の流れを見るのもまた素敵ですね…。

ohori-park-nihon-teien-stone-and-stream3

この世界ですよ。この先に枯山水庭があります。

枯山水庭

ohori-park-nihon-teien-flowing

最後は枯山水庭。砂利に線を引くだけで、こんなに統一感を感じる世界観が作られるんですね。こんなのサンドアートですよ、分かりやすく言うと。

ohori-park-nihon-teien-flowing2

キレーーに整列しています。ゴルファーのパターコースより多く線が見えていますね…。京都にいかずとも、日本庭園は大濠公園にありますよ!福岡の皆さん!

まとめ

いかがでしたか?これがたった240円(一般)ですよ。

多分普段からそこまで人が賑わう場所でもないし、結局私がいた40分程度の時間の中で来客したのは2組だけでしたので、一人でゆっくりと過ごしたい方・家族やカップルで自然を満喫したい方にはかなりおすすめです。

最後にアクセスですが、大濠公園の六本松側すぐの左手に大濠公園日本庭園はあります。福岡市美術館の隣ですね。

区分 料金
個人: 一般 240円
個人: 児童 120円
団体: 一般 190円
団体: 児童  95円

※児童は15歳未満の方・団体は30人以上となります。6才児未満の幼児・65歳以上の方・障害者及びその介護者の方は無料です。(年齢等を証明するものが必要です)


  • 場所名: 大濠公園日本庭園
  • 電話番号: 092−741−8377
  • 住所: 福岡県福岡市中央区大濠公園1-7
  • 営業時間: 9:00-17:00 入園は16:45まで (6〜8月は9:00-18:00 入園は17:45まで)
  • 定休日: 毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)・12月29日〜1月3日
  • サイト: 大濠公園日本庭園

Pocket