Pocket

NUMBER SHOT(ナンバー・ショット) フェスまで残り9日にまで迫りました。ライブ・フェスを楽しむためには、出演アーティストを事前に調査しておくことが必要になります。

今回の記事では、私が個人的にプッシュしたいアーティストたちを一挙紹介していこうと思います。夏フェスNUMBER SHOT(ナンバー・ショット) 開催までの残りの日数は、出演アーティストを聴き倒しましょう!

よく読まれている記事

NUMBER SHOT(ナンバー・ショット)2016の注目アーティスト

⇒NUMBER SHOT(ナンバー・ショット)2016の詳細はこちらから!

NUMBER SHOT(ナンバー・ショット) Day1(7/23(土))

レキシ

名前や見た目からは想像もつかないくらい爽やかで王道なJ-POPサウンドを奏でるレキシ。コラボレーション作が多いですが、本人の声も非常に良い声です。ライブでは演奏もMCも定評があるので、NUMBER SHOT(ナンバー・ショット)2016では必見のアーティストです。

Goose house

多分多くの人が丸い男性ワタナベシュウヘイ氏に目が向きがちですが、全員スキルが高いシンガー・ソング・ライター集団のGoose house。

Youtube×カヴァーソングで有名になるという現代的な売れ方をしているアーティストなので、なんとなく「テラスハウス感」を感じるのも、あえて演出しているのでしょう。聴いてて心地良いサウンドばかりなので、今回のフェスでも外さないアクトとなりそうです。

Little Glee Monster

私はバナナマンの番組「バナナゼロミュージック」のアカペラ回でちゃんと聴いたのが初めてなのですが、全員若いのに本当にコーラスが上手です。この手のアーティストはライブでは観たことがありませんので、どんんな風な感じなのかが気になりますね。

完全アカペラというわけではなく、楽器の音もしっかり入っていて、王道的なR&Bサウンドという点でもまた魅力的です。

NUMBER SHOT(ナンバー・ショット) Day2(7/24(日))

SHISHAMO

新たなガールズ・バンド。最近の流行などは一切無視して、一貫して分かりやすいロック・サウンドを作り続けるのは非常に好感が持てます。むしろ少しは接近しても良いのでは…?とも思ってしまいますが、こういった定番的な音楽もずっと残っていくのでしょう。

チャラン・ポ・ランタン

平成のEGO-WRAPPIN(エゴ・ラッピン)とでも形容すべきなサウンド。本人たちの服装も合わせて、サーカス的な雰囲気が素敵ですね。

プロフィールからは宅録系アーティストといった括りかな?日本にもそういうアーティストが増えてきたけど、ついにこんなメジャーサイドの音楽を作るアーティストが現れたのか、と思っていましたが、元々はインスト・バンド出身だとか。だから色んなジャンルを取り入れた音楽が作れるんですね。

MONOEYES

活動休止中のELLEGARDENとThe HIATUSでも知られる細美武士氏による新たなプロジェクト。他のメンバーも別でバンドをやっていた有名どころ揃いで、個人的にはALLiSTERのベース・ボーカルのスコットが加入しているのが驚きです。元々日本が好きな人でしたが…。

相変わらずエモい音楽で、どちらかというとELLEGARDENのようなロックです。インディに回帰したようなサウンドは、またハマりそうな予感です。

さいごに

本当に多岐にわたる、様々なジャンルの音楽アーティストたちが出演するNUMBER SHOT(ナンバー・ショット) 2016。

TRFやスキマスイッチ、湘南乃風などの大御所や有名ドコロも抑えつつ、全体的にフレッシュな顔ぶれが多いように感じました。夏フェスらしく、勢いのあるフェスになりそうですね。

⇒NUMBER SHOT(ナンバー・ショット)2016の詳細はこちらから!


  • イベント名: NUMBER SHOT(ナンバー・ショット) 2016
  • 電話番号: 092-712-4221(BEA)
  • 住所: 福岡県福岡市東区西戸崎18-25(海の中道海浜公園 野外劇場)
  • 日程: 2016年7月23日(土)・24日(日)
  • 時間: 開園 9:00〜 / 開場10:00〜 / 開演12:00〜 (雨天決行・荒天中止)
  • サイト: NUMBER SHOT(ナンバー・ショット) 2016
スポンサーリンク
Pocket