Pocket

先日天神に出た時「濃いものが食べたい」と思い、友人と相談したところ、中洲の肉肉うどんが要望に叶うということで、行くことになりました。

ラーメンに代わる締めの一杯として、福岡を代表するうどん屋になりつつあるようなのですね。というわけで、今回は中洲の「元祖肉肉うどん」に行ってきました。

アクセス

nikuniku-udon-entrance

天神からだと、国体道路を徒歩で博多方面へと向かいましょう。警固公園からで考えると、およそ10分程度で到着するかと思います。

クロスカントリーという自転車屋さんと大砲ラーメンに挟まれた場所にあります。那珂川の手前、かに通の向かい辺りにあります。

メニュー

私は初めてきたので、一番シンプルな「肉肉うどん」(¥600)を注文しました。その他にも「肉ごぼう天うどん(そば)」(¥750)、「特製カレーうどん(そば)」(¥700)など、15種類前後のうどんメニューと、「元祖からあげ定食」(¥900)、「メンチカツ丼セット」(¥950)など、7種類の定食セットがあるようです。

トッピングが豊富で、中洲店では特にごぼう天とメンチカツが人気なようですね。また、テーブルにはデンジャー辛子という唐辛子があり、これを入れて食べる肉肉うどんもまた、程良いスパイスとなって食欲をそそります。(私は1/3杯入れました。名前の通り、あまり入れると辛いので少しずつ入れて調整しましょう。)

ちなみに、北九州は小倉が発祥の地らしいです。門司の焼きカレーといい、北九州にはパンチの効いた食が多いですね。

生姜の量がスゴい

nikuniku-udon-udon

肉肉うどんといえば、生姜が大量に入っていることで有名なのですが、スタンダードな状態でこの生姜の量です。一見「多い!」と感じますが、程良い辛味が思いのほかマッチしてて良い感じです。

だしは強めの甘辛テイストで、思っていたよりも濃かったです。白ご飯と一緒に注文したいですね。嬉しいのが、「肉肉うどん」という名に恥じぬ圧倒的肉感…。牛ほほ肉が柔らかくてジューシーです。

ラーメンと同じく替え玉(¥100)があり、うどんでもそばでも注文できるというのもありがたいですね。

全体的に濃い味ですが、ネギをたまに挟むことで嫌味になることなく完食出来ました。これで¥600は安いですね。

さいごに

「元祖肉肉うどん」中洲店は唯一深夜4時まで営業しているため、締めの一杯にピッタリなお店ですね。

他にも空港店や薬院店、鳥栖店など、福岡近辺には多数店舗出店しているので、近隣の肉肉うどんに行ってみてはいかがでしょうか。


  • 店名: 元祖肉肉うどん 中洲店
  • 電話番号: 092-725-2914
  • 住所: 福岡県福岡市中央区春吉3-12-36
  • 営業時間: 11:30-翌4:00(日祝日は11:30-17:00まで)
  • 定休日: 不定休
  • サイト: 元祖肉肉うどん

スポンサーリンク
Pocket