Pocket

とんでもないサービスが始まりました。

Amazon(アマゾン)の新たなサービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」では、小説・実用書・ビジネス本・漫画コミック・雑誌・洋書などが月額たったの980円でいくらでも読み放題です。人生レベルで変革を与えてくれるサービスですよ、間違いなく。

初月無料で始められますし、Kindle(キンドル)を持っていなくても、今手に持っているスマホ・タブレットもしくはPCからでも利用できますよ!

「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」って何?

「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」とは、Amazonが2016年8月3日に日本でリリースした本読み放題のサービスです。

新書はあまり扱われていないし、今後も多分バックナンバーや過去作などが取り扱われるものだと思いますが、2016年に出版された本も多数あります。

漫画は絶対にあるだろうとは思っていましたが、個人的にビックリしたのは雑誌のバックナンバーが読み放題になるところですね。月額980円で雑誌まで読めるなんて、すごくないですか?

対象商品の探し方

「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」対象商品を探すのはとってもカンタンです。

comics

コミックで検索をすると、画像のような感じに表示されます。対象商品は「Kindle Unlimitedで読む」と書かれていますので、それをクリックするだけですね。

comics-2

私はもう10冊以上利用している状態なので、利用する本と終了する本を選ぶような画面になりますが、10冊未満だったら既にダウンロードが開始しています。

同時利用は10冊まで

既に画像でバレちゃってますが、補足として。

Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)では、「同時にダウンロードできる冊数が10冊まで」と決まっています。

それ以上をダウンロードしようとすると、それまでにダウンロードした本のどれかを消さなくてはいけません。

ただ、10冊もあれば読み終わるまでにけっこうな時間がかかるので、それで十分な気もします。

もちろん、購入した本に関しては、同時利用の影響は受けません。Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)でダウンロードした本のみの話です。

プライム会員とは関係ありません

年間3,900円で色んなサービスがついてくるAmazonプライムというサービスがアマゾンにはありますが、Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)とは関係がありません。

プライム会員は非常に便利なので加入しておく価値は十分にありますが、純粋に読書や漫画だけを楽しみたい方は、Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)にのみ加入する、という選択肢もありますね。

Amazonプライム会員に加入することで得られるメリットはここからチェック!

漫画や小説などはKindle(キンドル)で読むと目に優しい

スマホやタブレットでも読めるので、必要ないといえば必要ないのですが、Kindle(キンドル)はめちゃくちゃ目に優しい電子書籍リーダーなのでおすすめですよ。

中にはカラーの本もあるので、そういった本や雑誌はタブレットで見る方が良いですが、漫画コミックや小説などは、Kindle(キンドル)で読むほうが良いです。

暗闇の中でも程良い明かりで読むことができますし、より良い読書体験がしたければ、必須アイテムですよ。また、買うなら断然Kindle Paperwhite(キンドル・ペーパーホワイト)です。

「本を読むため」だけの機能しかありませんので、かなり没頭して読めます。

私のは一番初期のものなので、動きがもったりしていますが、最新のKindle(キンドル)は普通に本でページをめくるよりも早いので、安心してください。

12万冊以上ある本の配分をチェック!

12万冊も本があるのですが、やっぱり気になるのはその配分ですよね。

どんな書籍が何種類あるのか・漫画は何冊あるのか。2016年8月リリース初日にして、これだけ揃っています。

book-list

たとえば、コミックをもう少し詳しく見てみましょう。


  • 少年コミック – 84
  • 青年コミック – 2,328
  • 少女コミック – 815
  • 女性コミック – 545

青年コミックが多いですが、なかなか良いバランスではないでしょうか。

ある程度すべてザッと見てみたのですが、どれも程良い具合にジャンルがバラけていますね。というか、これが初月なんだからもっとスゴくなっていきますよね。本読むのは好きなので、ワクワクが止まりませんw

また、雑誌はコミック雑誌も含まれているため、いつか週刊少年ジャンプなんかも月額980円の範囲内で読めるようになるかもしれませんね。(現在ジャンプのアプリは、ジャンプ関連のみで月額900円〜)

本を読むまでの流れ

かなり沢山の本が読み放題となるKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)。本を読むまでの流れをまとめておきました。

books

①「Kindle Unlimited 読み放題」をクリックして、「Kindle Unlimited 本を表示」をクリックしましょう。

books

②そうすると、本が探しやすくなります。ここから探すとどの本も読み放題の対象なので、「お金が発生するかもしれない」という余計な不安も解消です。

books-3

③例として、ここでは「デトロイト・メタル・シティ」をクリックしてみました。Kindle Unlimitedで読むためには、画面右側の「読み放題で読む」をクリック!

books-4

④10冊未満だとこれでダウンロード完了です。

10冊以上ダウンロードしている状態だと、画像のように本を取捨選択しなくてはなりません。

books-5

終了する本は、既にダウンロードした10冊の中から選べますよ。

私はKindle Unlimitedが始まってすぐに、青年コミックで上位にあった「政宗くんのリベンジ」を何となくダウンロードして読んでみたのですが、これもかなり面白いのでおすすめですよ。

まとめ

何というか、「未来がきた」という感想を抱いてしまいました。

これまでも音楽や映画がストリーミングで月額制になったという事実に驚いてきましたが、本が月額制になるなんてことはもっと先のことだと思っていました…。

現時点で12万冊以上という驚異的な冊数ですし、パッと見でも読んでみたくなる本が沢山あったので、今すぐにでもKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)に参加しておくことをおすすめします。

だって、初月無料だし、それが終わっても月額たったの980円ですから。

Amazon Kindle Unlimitedの初月無料登録はこちらからどうぞ

スポンサーリンク
Pocket