Pocket

博多どんたくが今年2016年も開催されます。毎年ゴールデンウィーク中の5月3日と4日に開かれる福岡を代表するお祭りですね。

博多どんたくの歴史を振り返りつつ、今年の情報をまとめてみました。どんたくをより楽しむためにも、ぜひご一読をオススメします。

博多どんたくの歴史を知ろう

まずは博多どんたくの歴史を知ることで、どんな祭りなのかを理解しておきましょう。ルーツを知ることで、なぜそんな祭りが生まれたのか、なぜ開催するのかなどが見えてくるのではないでしょうか。

福岡三大祭の一つ

博多どんたくは「福岡三大祭」の一つと呼ばれていて、それ以外のお祭りは「祇園山笠(7月1日〜7月15日)」と「放生会(9月12日〜9月18日)」があります。ちなみに、放生会は「ほうじょうや」と読みます。

福岡を代表するお祭りの一つとされていますが、その動員数は200万人以上とされ、国内最大級のものです。ゴールデンウィークの相乗効果によって、福岡の人はもちろん、九州を中心に多くの観光客で賑わう時期ですね。

800年以上の歴史を持つ祭り

元々は1179年に「博多松ばやし」として始まりました。開催日が5月3・4日に決まったのは1949年のことです。1962年に現在の「博多どんたく」、「福岡市民の祭り」として正式に決定し、今に至ります。博多どんたくとしての開催は、今年で55回目となり、年を追うごとにその動員数は増加傾向にあります。

松ばやしとして開催されたのは、平清盛の息子である平重盛がこの世を去ったのが1179年で、彼に対する感謝の気持ちの表れとして開催されたのが理由です。重盛は、中国(当時は宗)との貿易活性化に貢献し、博多に利益をもたらしたため、その恩を忘れないために始まったんですね。

「どんたく」の言葉の由来

博多どんたくの「どんたく」の意味を知る人は、福岡の人でも意外と少ないのではないでしょうか。どんたくとは、オランダ語で「日曜日」を指す言葉です。Zondagと書いてゾンターグと読むのですが、それがなまっていつしかどんたくと呼ばれる様になりました。

ちなみに、福岡だけでなく日本中で使われている「半ドン」という、いわゆる半日休みを意味する言葉は、実は「半分どんたく」を略したものなのです。どんたくの時期にこの言葉を使うと、分かる人からは「おっ」と思われるかもしれませんね。

どんたくって何をする祭り?

では、博多どんたくとは一体どのような祭りなのでしょうか?という疑問を持つ方も出てくる方もいるかと思います。簡潔に言うと、どんたくは「パレード」です。多くの団体が音楽に合わせて行進をしたり、全国的にも有名な精華女子吹奏楽部が演奏をしたり地元アイドルLinQやRev From DVL(それぞれ2015年出演)などがイベントを開催したりと、とにかく天神を中心に、色んな場所がお祭り状態となるのがどんたくです。

そしてもう一つの目玉は「屋台」です。どんたく開催地では屋台が多く出店しているので、パレードを観て音楽やイベントを楽しみながら、屋台の美味しい食事に舌鼓をうつのがどんたくを楽しむために必要なことですね。

博多どんたくのスケジュールやイベントまとめ

博多どんたくでは多くのイベントがあり、行進するグループもそれぞれ時間が決まっています。ここでは、特に注目したいグループなどについてまとめておきます。

前夜祭

5月2日(日)には前夜祭が福岡国際センターにて開かれます。時間は16:30〜20:30まで。

前夜祭では、開催を祝うために振興会薬院やゲスト芸能人などが集います。今年は由紀さおりさんや安田祥子さんなどが参加し、歌を披露することが決定しています。

前夜祭から参加したかったら、入場整理券が必要になります。入場券は4月21日(木)の10:00より、福岡商工会議所・西日本新聞社(パサージュ広場)・RKB毎日放送・ベイサイドプレイス博多港ベイサイドミュージアムの4ヶ所いずれかからチケットをもらっておきましょう。無料です。

時間

どんたくのパレード開始時間は、5月3日(火)が13:05〜、5月4日(水)が15:05〜です。開催の準備はそれぞれおよそ1時間前から始まりますので、少し早めに来ても問題はありません。パレードに向けて屋台で楽しんで、テンションを上げておくのも良いでしょう。

ちなみに、パレードの開始地点は【福岡市博多区綱場町2】で、地下鉄箱崎線の呉服町が最寄り駅になります。お昼頃には多くの人が利用することになりますので、なるべく早く来場するか、パレード終了地点が【福岡市中央区天神1-8-1】(福岡市役所(イムズの後ろ))なので、天神から徒歩で、屋台を楽しみながら開始地点に向かうのも良いかもしれませんね。

福岡市博多区綱場町2

福岡市中央区天神1-8-1

参加方法

博多どんたくのパレードやイベントなどに出演したいという方も中にはいるかもしれませんが、現時点で既に今年2016年の参加受付は終了しています。ですが、博多どんたくには全員参加出来るイベントが一つあります。

それが5月4日(水)の18:40から行われる「総おどり」という題目です。明治通りどんたく広場にて開催されます。しゃもじを配っているので、それを受け取り、一緒に踊りましょう。

なぜしゃもじを踊りに使うのかというと、昔食事の用意をしていた女性が、どんたくの音楽につられて外に飛び出し、手に持っていたしゃもじを叩いて行列に加わったから、とされています。他にも、楽器が手元になかったから、代わりに誰でも手軽に用意できるものを使おう、ということでしゃもじを使っているという説もあります。

イベント会場へのアクセス

非常に多いので、こちらに関しては公式サイトをチェックしましょう。イベント出演者は今のところ未定です。が、Twitterで確認したところ、アイドルグループのRev from DVLが去年に引き続き今年も出演することが決定しているようです。5月3日(火)に出演らしいですが、詳細はまだ未定です。

出演者やオススメの会場及びアクセス方法に関しては、決まり次第追って報告していこうと思います。

ディズ二ーパレードやコスプレパレードも要チェック!

2016年にはディズニーパレードも参加することが決定しています。ディズニー・シーの15周年を記念したパレードになるようで、今までのパレードよりも豪華なものになりそうですね。ディズニーパレードは5月4日(水)のみなので、お忘れなく。

ちなみに、どんたくだけでなく、全国15都市のお祭りに参加するらしく、既に沖縄・愛媛は終了して、残りは広島・福岡・兵庫・山形・静岡・石川・宮城・岡山・北海道・新潟のお祭りに参加するようです。詳しくはこちらでご確認下さい。

そして、今年もコスプレパレードの開催が決定しています。今現在時点(2016年4月13日)でまだコスプレ側としての参加が13名ほど可能なようなので、コスプレをしてどんたくを楽しみたい!という方はお早めにどうぞ。参加申し込みはこちらから。

こちらも5月4日(水)開催で、会場は天神のイオンショッパーズ(旧ダイエー)そばにある須崎公園です。福岡のもう一つのハロウィンと呼んでも差し支えないのではないでしょうか。多くの人がお祭りの気分に浮かされる、とてもハッピーな2日間となりそうですね。

さいごに(そしてオススメどんたくイベント会場)

昼間から屋台で飲んで食べて、パレードやイベントを観て楽しんで。博多どんたくには、様々な楽しみ方があります。どのようにして楽しむかは自分自身で決められるし、その場その場の流れに身を任せてもまた良いです。

とりあえず有名人を観たい・ライブを楽しみたい、という方は、「お祭り本舞台(福岡市庁舎 ふれあい広場)」か「博多駅本舞台(博多駅前広場)」へ行くと良いでしょう。それ以外の会場は、基本的には地元の方が楽しむためのイベントだったり演舞だったりします。

また、博多どんたくに出演するアーティスト方は、別記事で順次アップしていこうと思います。

スポンサーリンク
Pocket