Pocket

ゴールデンウィーク特集第三弾は福岡-長崎間の移動手段まとめです。九州で旅行に行くなら長崎が良いかな、という個人的な考えの元でやらせていただいてます。

前回福岡-東京間の旅行費用・時間・前々回福岡-大阪間に続き、今回も同じく旅費や時間についてですね。旅行の計画をする前に、金額やかかる時間などの目安を知るためにも、ぜひとも目を通してみてください。

移動手段まとめ

福岡から長崎まで向かうには、様々な交通手段があります。それぞれ詳しい料金や所要時間などについてみていきましょう。

ちなみに、福岡-長崎間に飛行機はありません。公共機関なら、JRかバスかで行くのが妥当でしょう。

JR

line

福岡-長崎間の移動手段として、最初に考えるとしたらJRではないでしょうか。

JRでかかる費用と時間

博多駅-長崎駅までの区間のJRを利用する場合は、定価で買うと片道¥4,700します。安く買うには九州ネット切符を利用しましょう。九州ネット切符なら片道¥3,090で乗車することができます。

また、九州ネット早特3だと¥2,570、九州ネット早特7だと¥2,300にまで値下げされます。およそ半額にまで下がるのは嬉しいですね。

九州ネット切符の購入条件ですが、ネットで購入することが必須条件です。お支払いはクレジットカード決済のみとなっているので注意しましょう。九州ネット早特3は3日前までの予約、九州ネット早特7は7日前までの予約をすることで購入可能です。

当日は乗車前までに駅の窓口か指定席券売機などで発券しましょう。その他発券のために必要な細かいことは、後述するリンクよりご確認ください。

博多駅-長崎駅までにかかる時間としては、およそ2時間程度です。ゆっくり寝たり読書をしたり、あまり酔うことがないため、自由に時間を活用できるのも魅力ですね。

バス

bus

福岡の主な移動手段といえばバスですね。長距離のものも多数出ているため、九州の旅はバスで行く、という方も少なくありません。

福岡-長崎の高速バスを利用するなら、九州急行バスを利用することになるかと思います。朝は6時から夜は22時半頃まで運行しているので、急な旅行なんかには非常に心強いですよね。

バスでかかる費用と時間

通常の料金でバスに乗った場合は片道¥2,570します。4枚つづりの回数券を購入することで片道¥2,057になりますので、誰かと旅行へ行く際には4枚つづりの回数券を購入することをオススメします。特に有効期限はありませんので、また行く機会があるなら購入しておくのも良いかもしれません。

時間にして、およそ2時間〜2時間半かかります。乗車するバスによって変わってきますので、詳しくは下記リンクをご参照ください。

  • 費用: 片道約¥2,057〜¥2,570
  • 時間: 約2時間〜2時間30分
  • 乗り場: 九州急行バス

九州間、しかも長崎ならさほど遠くありませんし、車での旅行はアリなのではないでしょうか。

車でかかる費用と時間

車では、高速道路を利用することになります。福岡から鳥栖JCTへ向かい、そこからそのまま長崎まで行きます。普通車の場合ならば、通常¥3,770かかり、土日や深夜ならば¥2,640となります。時間としては、高速バスと同じくおよそ2時間〜2時間半かかるのではないでしょうか。

ETCの料金を詳しく確認したい場合は、下記リンクをご利用ください。

  • 費用: 片道約¥2,640〜¥3,770(+ガソリン代)
  • 時間: 約2時間〜2時間半
  • 高速道路: NEXCO西日本

まとめ

福岡-長崎間は、①JR、その次に②バス、家族連れやドライブが好きなら車という順で、移動手段を考えていくと良いのではないでしょうか。JRは早く予約をすれば安くなり、バスは期間は特に関係ないため、まずはJRで予約が空いているかどうかを探して、なかった場合にバスを探すのが理想的なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
Pocket