Pocket

私もフリーランスで働いている身なのですが、最近では福岡でも在宅ワークで仕事を得る人が増えてきたように思います。

フリーランスになって良かった!と思うことは、やっぱり「仕事に行くために外に出なくても良くなった」ことですね。

他にも対人的なストレスがなくなったりやった分だけ収入に直結したりなど、在宅ワークはメリットづくしです。

今回は、私が実際に使っているインターネットを介した仕事を紹介しようと思います。タイトルにもあるように、頑張れば初月から3万円以上稼ぐことも可能なので、小遣い稼ぎとしても利用できますし、長くやれば月に6桁稼ぐことだって出来ますよ。

クラウドソーシングで稼ぐ

crowdworks

ここでは、いわゆるポイントサイトの話はしません。ポイントサイトは時間がかかる割にもらえる金額は大したことないので、個人的にはおすすめしません。

クラウドソーシングとは、「不特定多数の人がネットを介して仕事を受注発注したり募集をしたりする場のこと」です。要は、「誰でも良いから仕事手伝って!」という需要と「僕やれますよ!」という供給が揃っている場のことですね。

有名なサイトとして【クラウドワークス】や【ランサーズ】というサイトがあります。

どちらも会員登録は無料ですし、まずは誰でもできる「データ入力」から仕事を始めていくと良いでしょう。

クラウドソーシングには、デザインやプログラミングなど、様々な仕事が随時募集されています。私はライティングの仕事が好きなので、それ系の仕事を受注しています。



ライターになったら月3万円程度なら初月からも可能

文才はなくとも、ネットで検索ができ、普通の文章が書ければ誰でもライターになれます。たったそれだけで月3万円程度稼げるので、なかなか敷居は低いものだと判断していただけるかと思います。

例えば私が運営している当ブログFRISCOPARK(フリスコ・パーク)は、7月に入ってからの1記事の文章量は大体3,000文字程度ですが、これがクラウドソーシングで頼まれた仕事だとしたら1記事の1文字当たり「1文字0.5円〜1円」の報酬となります。(それで固定というわけではありませんが)

1文字0.75円として、1記事2,250円で考えてみましょう。先月は15記事更新したので、2250円×15記事=33,750円となりました。

2日に1記事書いていくペースだったら月収は3万円を超えることが可能ですね。ただし、これを達成するためにはまず文字数に対しての金額を意識することと、その報酬を得られるだけのスキルが必要となります。

スキルは最初に紹介したように、ネットで検索ができ、普通の文章が書けることです。まずは仕事を探してみましょう!

在宅ワークからシステム開発まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

個人サイトで稼ぐ

frisco-park

先ほどのクラウドソーシングは、会社から個人に仕事を発注することで仕事が生まれるものでしたが、個人サイトはあなた本人がサイトを運営し、記事を書き、収益を受け取るというものです。

書きたいように書きたいことを書いても良いですし、専門分野に特化したサイトを作って人々に喜ばれるサイトを作っても良いです。運用方法は人それぞれですね。

個人サイトのメリット・デメリットとしては、クラウドソーシングと違って、責任感やプレッシャーがない分気持ちは楽なのがメリット。デメリットは、サイト運営が良くないと、アクセスがなかったり広告から収益が上がらなかったりなど、が上げられます。

広告を配置することで収益化

当サイト「FRISCOPARK(フリスコ・パーク)」も個人サイトの部類に入っていて、GoogleアドセンスA8.netなどの広告サイトから広告を探し、サイトに貼り付けていきます。

貼った広告の条件を満たすことで、収益が入るようになっています。その条件を満たさない限りは収益化にならないため、なかなかシビアな世界であると言えます。

クラウドソーシングは、頼まれた分だけの報酬が必ず入るので、その点が大きく異なります。

長い目で育てていくことが大切

では「サイト運営は稼げないのか?」という疑問を持つかもしれませんが、答えは「稼げる」です。クラウドソーシングはある程度「固定給」のようなもので、個人サイト運営は「歩合制」というイメージですね。

特にドメイン取得したての最初の段階では、サイトがGoogleから評価されていないため、アクセスすらないので非常にやるせないし不安になりますが、半年も運営していけばアクセスも伸び、収益を出していくことになるでしょう。

ひたすら気長に更新し続け、Googleから評価されることで、自分の書いた記事が検索に引っかかりやすくなっていきます。そうなるまでは、ひたすら根気との勝負ですね。

BASEを活用して知識を売る

base

「FRISCOPARK(フリスコ・パーク)」もBASE(ベイス)を活用しているのですが、BASEは無料でネットショップの作成・運営をすることが可能なウェブサービスです。

自分で作ったアクセサリーやアートなどを売ることもできますし、私のように「記事広告作成」として技術を売ることだってできます。

もし何か趣味で作っているものがあるのなら、BASEを立ち上げて販売をしてみるというのはおすすめですよ。

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ。専門知識不要

ご依頼お待ちしております

当サイト「FRISCOPARK(フリスコ・パーク)」でも、「記事広告の作成」について、随時募集しております。

企業のPR・個人の活動紹介・サークル・団体の宣伝などにご活用ください。

まとめ

どれかひとつだけに注力しても良いし、最初はクラウドソーシングでお小遣いとしての収入を安定させて、平行して個人サイトを作っても良いし、方法は様々です。

クラウドソーシングは他にもありますが、やはり大手のサイトを利用するほうがサービスが整ってますし、報酬も高いので【クラウドワークス】か【ランサーズ】かのどちらかを選択するようにしておきましょう。



スポンサーリンク
Pocket