Pocket

1993年から始まった歴史ある「フランス映画祭」。今年2016年、福岡ではTOHOシネマズ天神と、博多リバレインモール併設の福岡アジア美術館内のあじびホールの2ヶ所にて開催します。

フランス映画が劇場公開というのはそう多くありませんが、ヨーロッパの映画も魅力的な作品が多くあります。この機会に、フランス映画に触れてみてはいかがでしょうか。

フランス映画祭2016とは?

festival-du-film-france-au-japan

福岡では今回で第5回目を迎えるフランス映画祭。2ヶ所開催は今年が初で、これまで以上に多くのフランス映画が九州に上陸します。

日本全国計4都市で開催されていて、13作品すべて公開されるのは東京だけなのではないでしょうか。福岡では計8作品が公開されます。公開作品については後述します。

フランス映画祭の詳細

福岡のフランス映画祭2016は、2016年6月26日(日)・27日(月)の計2日開催されます。映画のチケット料金は、それぞれ一般前売で¥1,200・当日で¥1,500となっています。クラブ・フランス会員、学生、60歳以上の人は前売一般いずれも¥1,000で購入できます。

映画の公開時間はずらされていますが、2〜3作品の間にTOHOシネマズ天神とあじびホールへの移動があり、間の時間を考えると間に合いそうにありません。映画を観る際は、どの映画を観に行くか事前に決めて行くようにしましょう。

それぞれの予告をチェックしよう

開催日時とともに、それぞれ上映される映画の予告を観ていきましょう。

TOHOシネマズ天神

愛と死の谷 6月26日(日)15:00~公開

離婚した夫婦を半年前に自殺した息子が書いた手紙がつなげていく、フランス流の愛のストーリー。フランス映画にはハリウッド映画のような派手さはありませんが、心理描写が繊細で綺麗なため、邦画好きな人は好みに当てはまるような気がします。

パティーとの二十一夜 6月26日(日)17:30~

私はフランス語は全くわかりませんが、予告の映像を観るだけでもフランスらしいユーモア(皮肉)たっぷりの映画だとわかります。

内容としては、疎遠な母の死をきっかけに帰省したキャロリーヌが、そこで知り合ったパティという女性との出会い、意気投合していく。というストーリー。

女性同士のトークも面白そうですが、途中で母の遺体が消えてしまうというサスペンス的な要素もあるようです。が、そんなことは微塵も感じさせない予告なので、ブラックジョークの効いたコメディドラマでしょう。

パレス・ダウン 6月27日(土)16:40~

2008年11月に起きた、インド・ムンバイ「タージ・マハル・ホテル」で起きた同時多発テロ事件を描いた作品

主演が「ニンフォマニアック」でシャルロット・ゲンズブールの若いころを演じたステイシー・マーティンという点からも、今回のフランス映画祭のハイライト的な作品かと思われます。一つだけ選ぶとするなら、私はこれを観に行きます。

ショコラ! 6月27日(土)18:45~

「ズートピア」や「シャーロック・ホームズ」など、映画には「バディ・ムービー」というジャンルが存在するのですが、今作はまさにその本名作と言えそうです。

黒人と白人の芸人コンビが、差別と闘いながら夢を勝ち取るサクセス・ストーリー。黒人芸人を演じるオマール・シィは、「最強のふたり」でドリス役だったことでも有名ですね。

福岡アジア美術館: あじびホール

カプリス 6月26日(日)11:00〜

有名女優と一般男性との恋といえば「ノッティングヒルの恋人」ですが、「カプリス」は更にもう一人女性を加えた恋愛模様を描くラブコメディ。

評価に「ウディ・アレン映画のようだ」となるように、ユーモアたっぷりのパリ的な映画と言えそうです。

美しいとき 6月26日(日)13:00〜

1970年代のパリを舞台にした、男尊女卑に対する抗議運動の映画。同性愛をテーマにしてあるので、社会派風ヒューマンドラマといった趣でしょうか。

「アデル、ブルーは熱い色」や「キャロル」など、直近でも同性愛を扱った映画は名作が多いですし、こちらもチェックしておきたいところ。

年下のカレ 6月27日(月)11:00〜

年上キャリアウーマンが年下大学生と恋に落ちるという、アメリカのラブコメディのような設定の映画。

年齢のギャップ・考え方のギャップなど、多くの部分で共感できる素敵な映画なのではないでしょうか。

彼らについて 6月27日(月)13:00〜

博多あじびホールで上映される映画は、恋愛モノオンリーですね。この作品も恋愛もので、男性1人に女性2人だけど、関係を持つのは男女だったり女女だったりと何でもあり。LGBT問題は2010年以降加速度的に変化しているため、取り上げる作品自体も増えている印象です。

さいごに

さすがにアモーレの国。恋愛映画が多数を占めています。

2016年6月26日(日)・27日(月)は、フランス映画祭でフランス式エスプリを堪能し、好きな人と愛について語ってみてはいかがでしょうか。


  • イベント名: フランス映画祭2016
  • 電話番号: TOHO: 050-6868-5003/ あじびホール: 092-263-1100
  • 住所: TOHO: 福岡県福岡市 中央区天神2-2-43 / あじびホール: 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 福岡アジア美術館 8F
  • 日程: 2016年6月26日(日)・27日(月)
  • サイト: TOHOシネマズ天神 / あじびホール

スポンサーリンク
Pocket