Pocket

青春してますか?

「青春なんて10代で終わり」とも思えますが、追体験はいつまで経ってもエヴァーグリーン。いつだって出来るわけです。

というわけで、部活マンガに絞ってまとめてみました。現在進行形で学生をやっているあなたは、それぞれの部活の大変さを知るも良し。もう大人になってしまったあなたは、「あの頃、こんな部活に入っていたら人生また違ったかも。」なんて思いを馳せるも良し。楽しみましょう。

部活系マンガ7選

個人的に持っているもの・読んだもので構成されているので、「あれが入ってない!」「これが入ってない!」と言われても無表情で時が過ぎ去るのを待つだけのモンスターと化します。

それではいってみよう!

あさひなぐ

ヘタレなぎなた女子の成長記。

最早これを紹介したかったからこの記事を書いていると言っても過言ではありません。本当に大好きだし、めちゃくちゃ面白いです。

成長スピードとしては破格のものかも知れませんが、そんな些細なことはスルーして、“若者の可能性”の方に目を向けましょう。

薙刀というマイナーなスポーツながら、20巻を超える人気作。

バンブー・ブレード

剣道女子←こっちは天才側。

まだ続いているのかな?私は無印のバンブー・ブレードが好きで、それから先のはまだ読んでいないのですが…。

「清村くんと杉小路くんと」や「マテリアル・パズル」など、土塚理弘作品が大好きなのですが、今作はそれらと比べてより大衆向けな絵柄(作画は五十嵐あぐり氏)かつ明快なストーリー。

土塚マンガらしく、萌えに媚びずに男らしい展開が多いので、部活マンガとしてかなり楽しめますよ。

ホイッスル

お手本のようなコミック。

少年ジャンプで連載されていたサッカーマンガ。ジャンプでは考えられないような平凡さながら、各キャラ出来ることがしっかりと分けられていて面白い。

背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜

マイナーなジャンルは難しいながらも、とても良い。

現在ジャンプで連載中のコミック。競技ダンスという、少年たちにとってはかなりマイナーなジャンルですが、爽やかに青春しています。

個人的には一人くらい“嫌なやつ”が出てきた方が面白くなるかな、と思いますが。

ガラスの仮面

(恐ろしい子…!)

部活枠に入れるのも違うかな?と思いましたが、やっぱりこれは入れておきたい。

私の母がファンで全巻実家にあるのですが、とにかく面白いです。全然話が進みませんが、現在49巻まで刊行しているので、過去作を読みながら気長に待ち続けましょう。

ドカベン

タッチやH2よりもこっち派。

ドカベン=「どでかい弁当」というタイトルにも関わらず、弁当の描写は最初のみ。潔すぎます。

誰もが名前は知っている野球マンガですが、登場するキャラクターは個性の強いキャラばかりで惹きつけられます。

私はやっぱり殿馬ファンですね。昔友達と里中投げをしたり白鳥の湖打法をやっていたのが懐かしい…。

アイシールド21

闘いを制するのは、パワー・作戦・スピード。

少年ジャンプらしい作風・ストーリーで一世を風靡したアメフトマンガ。弱小チームが勝ち上がっていくという、今考えたらほぼありえない展開ですが、一芸に秀でた選手を集めたチームがそれぞれの個性を活かして勝ち上がっていくのは爽快です。

未だに読み返しては元気を貰えるので、やっぱりかなり面白いんだなぁ、と。

まとめ

それぞれ違った面白さを持つ部活マンガ。

努力型のものを読むも良し、天才型でも良し。個人戦・チーム戦でもまた異なる面白さがあります。

個人的にはあさひなぐが一押しです。

スポンサーリンク
Pocket