Pocket

2016年4月20日にキャナルシティ博多は20周年を迎えました。4月〜5月にはこれまでにないセールやイベントが行われたりと大盛況だったのですが、今回新たにキャナルシティ博多の運河が大幅リニューアルすることが決定しました。

キャナルシティ博多が20周年

1996年に開業して以来、キャナルシティ博多の名前の通り、運河と噴水はキャナルのシンボルとして常にそばにありました。最近の映像の技術の進化に伴い、過去最大規模のリニューアルが開催されることが決定しました。

最近キャナルでは、セールだったりイベントだったりの規模感が大きなものになっていますが、個人的にその筆頭となるものがユナイテッド・シネマのプレミアム・ダイニング・シネマという、映画館で食事が出来るサービスなのではないかな、と感じています。

今回の運河リニューアルは、キャナルシティ博多が便利になる、というわけではありませんが、誰もが期待し、楽しめる場所としてのキャナルシティ博多になるという意味で個人的にも素敵な施策だと感じています。

3Dプロジェクションマッピングが導入

projection-mapping
IMAGE: 「サンプラザ」に3D プロジェクションマッピング×噴水ショー導入

plans
IMAGE: 「サンプラザ」に3D プロジェクションマッピング×噴水ショー導入

キャナルには、運河と噴水・イベントが開催される場所があり、そこの名前をサンプラザと言います。そこに新たに約2,500インチ(縦20m×横65m)のプロジェクション映像設備及びコンサートホール規模の照明や音響が設置されます。

噴水の設備もより強力に
なり、映像と噴水、そして音楽で描くアート作品として魅力的なものになりそうです。プロジェクションマッピングは国内最大級のものになるので、それだけでも見る価値はありそうですね。

ちなみに、完成は11月下旬なので、クリスマス・シーズンの映像に加えてツリーの装飾もありますので、開設してすぐはとんでもなく豪華になりそうです。

8月16日より約3ヶ月間運河・噴水の停止へ

2ヶ月弱先の話ですが、8月16日(火)より、運河・噴水が停止して工事が開始されます。

夏の暑い時期に噴水がないというのは少し寂しい話ですが、15億円もの金額を投資してリニューアルされるキャナルシティ博多の運河を楽しみに待ちましょう。

さいごに

プロジェクションマッピングが導入されるということで、季節ごと・イベントごとの映像が臨機応変に流れていくのではないでしょうか。

何となく映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」で観た「未来のジョーズ」みたく3D映像が迫ってくるようなものを想起しましたが、キャナルシティ博多に導入されるものはそれよりも迫力があるのではないかな、と参考画像を見て感じました。

ともかく、完成まであとおよそ5ヶ月強です。楽しみに待ちつつ、現在の噴水もあと僅かなので、見納めしておきましょう。


  • 店名: キャナルシティ博多
  • 電話番号: 092-282-2525
  • 住所: 福岡県福岡市博多区住吉1-2
  • 営業時間: 10:00-21:00 (レストランは11:00-23:00)
  • 定休日: ほぼ無休
  • サイト: キャナルシティ博多

スポンサーリンク
Pocket