Pocket

厚切りジェイソン「年収2000万の勉強法」を読みました。

働き方や勉強方法などについて書かれているのですが、最近私も同じような考えに至り、Todoリストを思いっきり削除したので、この考えには同感だな、と感じました。

厚切りジェイソン氏は「コンピューターサイエンス×日本語」で他と差別化を図り、現在会社の副社長にまで上り詰めましたが、それを自分に置き換えるとどうなるでしょうか?

今後の人生、もっと必要になってくる勉強法を、当サイト「FRISCOPARK(フリスコ・パーク)」に当てはめて考えてみました。

記事要約

まず最初に、ザックリと記事の要約をしておきます。この記事自体が、厚切りジェイソン氏の仕事のやり方の基本といえるので、海外で働く人の常識を知るという意味でもおすすめですよ。

サクッと読むためにも、箇条書きでチェックポイントを見ていきましょう。

  1. 給料は価値・実力に伴う
  2. スキルの組み合わせがアイデアを生み出す
  3. 先読み思考で勉強勉強
  4. スケジュールは決めない
  5. 習慣化して、毎日の積み重ねをしていく

記事内で言及しているテーマとしては、5つに分けられます。啓発書にもこの手のことはテンプレのごとく紹介されていますが、結果を出している人から出る言葉だと、少し重みが違いますね。

では、この5つのテーマをFRISCOPARK(フリスコ・パーク)に当てはめていきましょう。今これを読んでいるあなたも、同じように自分に当てはめて考えていくと、より深く勉強法について知ることができるので、やってみましょう。

①給料は価値・実力に伴う

日本だといまだに「年功序列」文化が根付いているため、「給料は年月を追うごとに上がっていく」という考えの人は多いです。

海外では「自分にはそれだけの実力がある」と思ったら、その価値を分かってくれる会社へ転職をしたり給料交渉にいったりします。この辺りは考え方が大きく異なりますね。

FRISCOPARK(フリスコ・パーク)だと、サイトに広告を貼り付けています。アクセスしてくれた人が広告に興味を持ってくれて、私のサイトからそちらへ飛んでいけば、私にも少しだけの収入が入る仕組みですね。

アクセスする人が多くないと、広告が目に留まる機会も少なくなります。というわけで、サイトの価値(記事の質・量・Google検索の評価・サイトの年月)が高ければ高いほど、FRISCOPARK(フリスコ・パーク)の給料も上がっていきます。

年月はどうしようもないにしても、検索エンジンの最適化だったりそもそもの記事数を増やしたりが今後の課題、ということですね。

②スキルの組み合わせがアイデアを生み出す

厚切りジェイソン氏は「コンピューターサイエンス」のスキルと「日本語」のスキルを組み合わせて、日本で副社長にまで上り詰めました。

FRISCOPARK(フリスコ・パーク)では、福岡のこと以外に「ライフハック系」の記事も取り入れだしたのですが(この記事もそうですね。)、これもある意味「組み合わせ」ですよね。

「ライフハック系」の記事も、書くときはなるべく福岡に関連付けて書こうとは思っていますが、最近はあまり気にしても仕方がないかな、と割りきって書いています。

ですが、こういうところを見ると、やっぱり「福岡と何か」での組み合わせで運営していくのが良さそうですね。すべてを関連付けるのは難しいかもしれませんが、今後は極力この組み合わせを意識して運営していきます。

③先読み思考で勉強勉強

氏はインタビューでこう答えています。

――2つのことを同時にやるコツはありますか。
【ジェイソン】「いろんな条件が揃ったら勉強する」という考えではダメですね。条件が揃わないことを理由に後回しにして、やらなくなるから。
厚切りジェイソン「年収2000万の勉強法」

「自分が必要だと思うレールを見つけたら、そこに収まるための条件を割り出し、自分から条件に収まりに行く」感じでしょうか。

また、「隙間時間を活用しろ」とも言っています。

有効なのは無駄な時間が出ないように隙間時間に(勉強を)組み込むことです。たとえば仕事をやっていても、待ち時間や移動時間、動けない時間って絶対あるじゃないですか。それをどう使うのか。ゲームをやるのか、YouTubeを見ているのか、もしくは何か勉強しているのか。その違いは大きいですよ。
厚切りジェイソン「年収2000万の勉強法」

私なんかは、パソコンさえあればどこでも仕事ができる(サイト運営)ので、スキマ時間というより「無駄な時間を少しでも減らす」ことに注力しろってことですね。

FRISCOPARK(フリスコ・パーク)で考えると、今後のサイト運営について、もっと色々と考えていかなくちゃいけないってことですよね。

テーマを大きく「九州」にしたり「ライフハック」記事を増やして日本全国的に需要のあるものを増やしたりなどは考えてはいますが、規模感以上に「先読み」することが大事ですよね。

トレンドを上手に追いかけつつ、サイトを成長させるためには…。うーん、すぐには閃きません。まずはレールを探すところからですね。

④スケジュールは決めない

【ジェイソン】「1年後にTOEIC何点」とか、「半年で10キロ痩せる」といった、そういう具体的な数字の目標はダメだと思います。
――えっ、なぜですか?
【ジェイソン】計画通りにいかないときに挫折するから。それよりも、「毎日10分勉強する」とか、毎日の行動に基づいた目標を設定した方が、管理がしやすいので絶対いいですね。
厚切りジェイソン「年収2000万の勉強法」

少し前までは、私も長期的な目線で物事を考えようとしていましたが、結局すべてのことは「毎日の積み重ねの結果」でしかありません。

なので、遠くの目標を持つより近くの目標を立て続けることが明らかに大切です。ジェイソン氏が言うように、管理がしやすいので。

FRISCOPARK(フリスコ・パーク)でも、「今月は◯記事は書く」だったり「◯人の人に見てもらう」などの目標を立ててきましたが、それよりも「今日は絶対に2記事は書く」だったり「過去の記事を必ず1つは書き直す」など、日毎の目標設定をしていくことが必要なのです。

また、時間のスケジュールも組んでいません。記事を書くのは、それぞれかかる時間がまちまちなので、時間が読めないからです。時間より、やる内容をどこまで綿密に決められるかが問題ということですね。

⑤習慣化して、毎日の積み重ねをしていく

【ジェイソン】外国語の勉強も、ウェイトトレーニングも、プレゼン力をつけるトレーニングも、貯金も、全部同じですよ。一生懸命計画を立ててしまうと、その通りに進まないで挫折する人がとても多い。だったら計画をする意味がない。
それよりも、毎日の積み重ねは裏切らないですよ。数学なんです。Exponential growth(指数関数定期成長)というものがあるのですが、人が勉強して1日に0.1%成長すると仮定すると、一日一日を見たら、ほぼわからないぐらいの差ですが、途中から二次曲線的に成長し、1年後には40%成長するのです。毎日怠けて0.1%ずつ落ちていく人とでは、80%の差が開いてしまうわけです。
厚切りジェイソン「年収2000万の勉強法」

こういうことですね。起きたら顔を洗ったり水を飲んだり、人それぞれやることは違うかもしれませんが、毎日やるようなことは必ずありますよね?

勉強も同じで、毎日の積み重ねが大切なのです。サイト運営も、毎日更新し続けることが大切なのです。

もちろん、「とりあえずやる」のではなく、これまでに上述した4つを組み合わせた上で、継続・習慣化していくようにしましょう。

ブログなんかで言うと、私と同じ時期に始めたサイトも、2年後には8割はいなくなっているそうです。結果を残すためには、少なくとも「続ける」ことが重要になってきます。

まとめ

改めてリストを。

  1. 給料は価値・実力に伴う
  2. スキルの組み合わせがアイデアを生み出す
  3. 先読み思考で勉強勉強
  4. スケジュールは決めない
  5. 習慣化して、毎日の積み重ねをしていく

これをFRISCOPARK(フリスコ・パーク)に当てはめると、

  1. 給料はサイトの価値に伴う
  2. 「福岡」×「何か」で記事を書く
  3. 福岡のトレンドを追ったり大手サイトの情報を基に体験記事を書く
  4. 目の前の記事・リライトをしっかりとこなし続ける
  5. 毎日調べ、悩み苦しみながらも書き続ける

となります。

最終的にはサイトデザインをプロの人に任せてオフィシャル感を出し、福岡を代表するサイトにしていきたいですね。

それを遠い目標としつつ、今後の目の前の課題を一日一日ずつ解消するため精進していきます。

スポンサーリンク
Pocket